ななふし発見!

さて、この中に仲間はずれがいることわかりますか?枝ではない何かが見えるでしょうか?

 

ナナフシですね!

 

枝などに擬態した姿が特徴で雌雄区別がないものも多いそうです。

自信ないですがこれはナナフシモドキではないかと思われます。

コナラなどの広葉樹の葉を食べ、都心にも多く生息しているらしいですね。

Wikipediaさんにこんな記事が有りました。

ナナフシ目の学名の “Phasmatodea” は「異様なもの」を意味する

確かに。。ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です